レーザー治療器の原理・作用

レーザー治療器の作用原理は照射された光がターゲットに吸収されて、熱エネルギーに変換され、その熱によって治療がなされるものです。
つまりーザー脱毛器では毛幹、毛根内のメラニンにレーザ一光が吸収され、熱エネルギーに変換、 この熱が毛幹、毛根周囲の組織を変性させて発毛がなくなる事をおこさせています。
つまりターゲットは毛のメラニン色素ということになります。
レーザ一光によって熱を発生して、この熱によって毛を発生している組織を変性死滅させることができれば永久脱毛が得られることになるわけです。
結局 レーザ一光のターゲットはメラニンとなるので、毛根と同時に表皮のメラニンも熱を発生してしまうことになります。
表皮の熱は合併症の原因となります。  脱毛レーザーの取り扱いを 上手にするには脱毛処置後の表皮状態をよく観察し 熱傷を生じないようにしながら、効率よく毛のみに 熱を発生させる事が重要です。

コメントは受け付けていません。